文字起こしと音声認識に関する記事一覧

文字起こしと音声認識 , 文字起こしの道具

録音環境でこんなに変わる! 文字起こしの精度を高める3つのコツとは

Pocket

会議の議事録を取る際に、音声認識ソフトを使用するケースは多くあると思います。その際、録音環境によって認識精度が大きく異なることをご存知でしょうか? 今回は、文字起こしの精度を高めるために録音環境で重視すべきポイントをご紹介します! ■文字起こしの精度は、録音環境によってこんなに違う! ニューノーマル…続きを読む

文字起こしと音声認識 , 文字起こしの基本 , 文字起こしの道具

何を基準に選べばいいの? ビジネス用音声認識ソフトの選び方

Pocket

様々なビジネスミーティングにおいて必ず必要になるのが、議事録の作成。商談や打ち合わせ、また社内の会議においては、多くの会社が議事録をとっているのではないでしょうか。 今回は、議事録作成にオススメの音声認識ソフトの特徴をピックアップ。個人利用とは違うビジネスに特化したソフトをうまく使うことで、議事録作…続きを読む

文字起こしと音声認識

意外と知らない事実?音声認識のポイントは「マイク」です!

Pocket

働き方改革が待ったなしの今、AIによる文字起こし業務の効率化が注目を集めています。でも、ちょっと待ってください。いくら技術が進歩したからといって、「マイクを使わずに録音したデータは、音声認識技術を活用するには意外と使いものにならない」ことをご存知でしょうか?手軽に音声が録音できるので重宝するICレコ…続きを読む

文字起こしと音声認識

メモ(素材集め)は音声入力で「取る」時代

Pocket

メール、議事録、レポート、企画書、メルマガ、ブログ、SNSまで、仕事やプライベートにかかわらず、現代は「書く」ことを圧倒的に求められる時代です。 書くスピードを早めるには、「何を書くか」日頃から思いついたアイデアや話のネタを集めておくことがカギになります。 そこで、万能とまでは言えないけれど、「紙に…続きを読む

文字起こしと音声認識

音声認識システムで、地方自治体の議事録作成をもっと容易に!

Pocket

自治体の議事録作成の実態 全国の自治体にとって、議事録作成は欠かせない業務です。住民に対して情報をきっちり公開することは、行政の透明性を保つ上で非常に重要だからです。そのため、会議の内容を正確に、スピーディーに公開できるよう各自治体はさまざまな努力や工夫をしています。   皆さんは、自治体…続きを読む

文字起こしと音声認識

コンピュータが人間の声を認識する仕組みとは?

Pocket

人間の声のパターンは、とても複雑 「コンピュータは、どんなことでも万能に処理できる」というイメージがあるせいか、人間の話し言葉を認識する作業も、たやすくこなしているように思われがちです。しかし、実はコンピュータにとって人間の声を正確に認識するのは、かなり難しいことなのです。 なぜなら、人間の声には非…続きを読む

文字起こしと音声認識

スマホの情報検索なら音声認識が便利

Pocket

音声による検索が浸透 米国におけるインターネット関連の予測レポートによると、2020年には音声によるWeb検索が50%を占める可能性が高いそうです。皆さんの中にも、以前と比べて音声認識システムが身近なものになりつつあると実感されている方は多いかもしれません。数年前までは、音声を利用してインターネット…続きを読む

文字起こしと音声認識

音声入力で文章作成はもっと効率化できる!

Pocket

タイピングスキルは欠かせないもの? 仕事においてもプライベートにおいても、パソコンで文書を作成しようとする際には、ほとんどの方がキーボードを用いて文字入力を行っているでしょう。キーボードによる文字入力は、タイピングとも呼ばれています。そして、作成しようとする文書の文字数が多い場合は、タイピングスピー…続きを読む

文字起こしと音声認識

「話し言葉」から「書き言葉」へ

Pocket

テープ起こしから音声認識へ 近年、コンピューターの音声認識技術が発達し、さまざまな場面で役立っています。インタビューや会議などの音声データを文字に起こす場合、以前ならば録音した音を人間が耳で聞いて文字に書き起こすという「テープ起こし」の方法が主流でした。しかし、音声認識システムが発達し、音から文字へ…続きを読む

文字起こしと音声認識

明瞭な話し方をマスターすれば、音声認識がスムーズに!

Pocket

近年の音声認識システムは、従来のものと比べるとかなり精度が上がってきています。話者が発した言葉をきちんと認識して文字に起こすという機能は、さまざまな場面で役に立っています。 音声認識は100%ではない しかし、音声認識率100%というわけではないため、どうしても誤変換が生じてしまうケースがあります。…続きを読む

Page 1 of 21 2